2011年01月20日

特に何もございませんが

まぁ特に何があるでもありませんが、、、なんとなく更新を。


わたくし的大流行のTOKYO FMを聞きつつ、土曜日に受けるISCWの追い込み中デス。。。

posted by Alice at 01:35| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

es.car

es.carデス。

主調はE-dur。疾走感あふれる僕的HISのエースナンバー(苦笑
6小節目からE.Gが奏でるチョーキング&プリングのリードフレーズがサイコーにカッコイイ!

イントロ5小節はYsus4から、6小節目のYmへ続きます。
Ysus4
Ym→X→W→U|V7|
Ym→X→W→U|V7

ご覧のとおりの2度下降進行です。
V→Ymはご存知セカンダリドミナント(SecD)ですが、ノンダイアトニックであるUを先行させることでより短調のイロを出してます。
つまり平行短調である#c-mollにおけるW→X→Tという進行ですね。WおよびXの第三音が半音上がっているのは旋律的短音階です。

このUを使った進行は全曲を通して頻繁に使われますのでちょっと注意して聴いてみて下さい。


Aメロ
Ym→W→Vm7→U7→
Ym→W→Vm7→U7

UからYmへ向かう進行は前述のとおり。ここではWとUのコードチェンジを8分、前にもってくることでリズムに変化を加えています。


続いてBメロ
W9|Vm7→U7→
W9|Vm7→U7→V7

UからWへ向かう進行は並行短調#c-mollに置き換えて考えます。#c:W→Yとなりますが、YをT6とみればWの半音上高した第三音がTによって解決します。
ラストのU7→V7はサビ頭のYmへつながります。こちらも冒頭のとおり。


次にサビ
Ym7→X6→WM7→U→
Ym7→X6→WM7→U|V7

こちらも既出の進行。U→Ymの進行やYmを起点とした曲作りは流石デス。


さてさて、ちょっと飛んで2サビ後のソロですが、ピアノソロの8小節はイントロとほぼ同じ進行です。
Ym
Ym7→X6→WM7→U|V7|
Ym7→X→W→W


Cメロ(参道ぬけ〜)
E-durから短3度上に転調してG-durです。
W|X|Ym|T
W|X|Ym|T
W|X|Ym|T
W→W

で、♪そうHappyだね〜の2小節はピボットコードから元のE-durへの転調です。
A→#F|#G7
ですが、ここのAがG:Uであり、転調先(E-durに戻るわけですが)のE:Wでもあります。
で、(#F|#G7)=(E:U|V7)となるので、ラストサビ頭のYmで解決します。


ラストサビ前半(あなたの〜)
ここがひと捻りしてあるだけあってカッコイイ!!
Ym7→X→#Wm7-5→WM7→
Ym7→X6→WM7→V7

サブドミナントの代理コード#Wをはさんで半音下降進行にしてます。Drumsが16分で刻むスネアもYUIの高音を盛り上げます。


ラストサビ後半
Ym7→X→WM7→U→
Ym7→X6→WM7→U|V


アウトロ
Ym→X→W→U|V→
Ym→X→W→U|V→Ym


あ〜なんてイイ曲!!
ギターが弾けるようになりたい〜なんて思ってしまいました(苦笑

えぇ、もちろん自重しときます。。。
タグ:YUI HIS
posted by Alice at 22:58| Comment(0) | 【YUI】HOLIDAYS IN THE SUN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

Arisugawa Alice

ちょっとお試しの投稿。
突然ですが、有栖川有栖さんってご存知でしょうか?
推理作家なんですけど、僕がハマったのがちょうど去年の今頃でしたか。
それ以来メールアドレスやツイッター、スカイプなどでも彼の名前を使用してまして、なぜだか今更ながらseesaaのアカウント名も変えてみました(汗

今はYUIチャン大好きです(テレ
HISのスコアも買って、アナリゼなどもしているのでまたメモがてらエントリするかもしれません。


え?HIS??

"H"OLIDAYS "I"N THE "S"UNデス(汗
クラシックももちろん聴いてます!
posted by Alice at 00:46| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

ささやかに挑戦中。。

前回エントリ(っていつの話をしとんじゃ)の「V→W」の進行ですが、Vの第3音が導音の限定進行により解決しますね。
W_7ならさらにYとの構成音も近づきますし、置き換え可能なのはこの辺が絡んでいるのでしょう。

さてさて、話は変わってピアノ曲なんぞを作ってみたいなぁなんて思ったのはいつの頃からでしょうか。
イ短調で、C-dur,g-moll,G-dur,A-durあたりの近親転調を含む小曲に挑戦中です。。が、完成するのはいつになるやらってカンジです。

イイ感じに転調しつつ、借用しつつ、綺麗なメロディを乗せるって難しいです(苦笑
タグ:作曲
posted by Alice at 19:00| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

God knows...

なぜか突然のエントリはこちらの曲。

最近あることにチャレンジ中。。。といっても、ものの昨日今日のハナシですので、前回エントリからの4ヶ月以上の空白期間は例によって不定期的に発生するアレということで・・・。


さてさて、「God knows」のコード進行についてですが、僕がいいなぁって思う曲は、5曲に1曲くらいの割合でこの進行デス(爆

W→X→Vm→Ym

いわずと知れた逆循環。
基本中の基本である循環コード「T→Ym→W→X」をSDはじまりにしてTの代理のVmを使用したコード進行です。

イントロではこの逆循環にsus4を交えてタメを。
Aメロ直前2小節ではYsus4からYを経由するというヒネリワザ。
内声部を半音進行にする経過和音的な意味合いがあるのではないかと。。


さてAメロですが、平行調T項でもあるYmから入り悲愴的な詩に哀愁を加えた実にイイカンジなメロディ。
D項を頻繁に挟みつつ、2センテンス目アタマのYmへはお馴染みSecDによるV→Ymの連結。

Bメロは特筆すべきことは・・・(苦笑
2度下降進行してるなぁくらいしか。。。
サビへの連結はちょいと特殊で「Vsus4→V」からサビアタマのWに繋げるいうもの。
このようなVからYmではなくWへの進行は割と見掛けますが、理論的な説明は僕にはできないです。
不思議とあまり違和感を感じさせない進行だとしか。。

サビでは前述の逆循環が使用されますが、ただ単純に4コードをぐるぐる回してるだけではないようです。


間奏はちょっと割愛しまして、ラストサビではイイカンジに転調するのですが、転調先は短3度上かと思いきや長2度上へ。

アウトロのシメはイントロラストと同じく「W→X→Ysus4→Y」という変則的な終始。


この曲、ギターのソロもカッコいいし、メロディもサビではハモリをトップにかぶせるとあって、僕好みのアレンジです。

最後にひとつ戯言を。
サビの終わりの方のメロディラインの3連符ですが、付点気味に聞こえるのは僕の気のせいでしょうか(苦笑
いやぁ個人的には付点の方が好きなのですが、「ノリを重視してあえて付点気味に歌ってる」とかそんな事情があればぜひぜひご一報をいただければ。

ん?ちゃんと3連符で歌ってるって?・・・それでしたら失言を。

タグ:平野綾
posted by Alice at 01:58| Comment(0) | 【平野綾】シングル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

上半期ひとり紅白

ホタルノヒカリ、ホントいい曲ですねぇ〜。
今日もANNで流れたのですが、7月15日が今から楽しみです。

サビ前はSecDでしょうか?違うかな。短調っぽくて、青春ラインみたいにV→Ymの連結かなぁなんて、、、まぁ直感です。

というかソロの部分。ここってもしかして複調!?ほっちのハープはダイアトニックで水野サンのギターはノンダイアトニックなコードを弾いているような・・・いないような(汗

ソロ後のストリングスは印象的な跳躍進行。スタッカート気味で心地よいです。
というかストリングスは前曲通してナイスアレンジですね〜。


今日のキヨANNはノーサーのピアノとの発表会形式。

ミスチルも案外よかったけど、YUIのCHERRYはかなりハマってマスよっ!!

ヤバイっ!イイっ!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。